masami71の日記

熊本市在住の69歳の年金暮らしです

ハマボウ見頃 天草市新和町 [熊本県]

きょうの熊本市は、曇り空で、最高気温が32.1度で最低気温が23.6度でした。
ただ、湿度が70〜100%で大変蒸暑く感じました。
県内では、菊池で32.1度、人吉市で30.0度で、南小国で30.5度、阿蘇市乙姫で29.1度になりました。
県南部は夕方から雨が降って、大変蒸し暑く感じたそうです。
ところで、気象庁は19日午前、平年や去年より2日早く「関東甲信が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。
関東甲信では午後も気温が上がり内陸を中心に35度以上の猛暑日となるなど厳しい暑さとなっていて、午後2時半までの最高気温は群馬県館林市で37度2分、山梨県大月市で36度5分、埼玉県鳩山町で36度2分、茨城県笠間市で35度5分、東京の練馬区で35度4分、栃木県佐野市で35度2分、千葉県横芝光町で35度ちょうど、などと内陸を中心にすでに35度以上の猛暑日となっています。


2015年07月16日 02時47分
天草市新和町ハマボウ群生地で「はまぼう祭り」が開かれ、18日までの期間中、直径5〜6センチの黄色い
かれんな花が見頃となっている。
ハマボウアオイ科の落葉低木。早朝開花し夕方にはしぼむ「一日花」。
大宮地川と流合(ながれあい)川の河口に挟まれた約3ヘクタールの湿地に、約1万本が自生している。
専門家は「これだけの広さの群生地が残っているのは奇跡的だ」と話す。
祭りでは午前9時〜正午、ボランティアガイドが常駐し解説する。
実行委員会事務局(市役所新和支所内)=0969(46)2111。

=2015/07/16付 西日本新聞朝刊=


ハマボウ天草市の花)日本最大級の群生地
淡い黄色の愛らしい花♪
新和町の約5万㎡の湿地に群生するはまぼう。7月上旬から8月上旬にかけて見頃です。
群生地の規模は500〜600㎡で、日本最大級の面積を誇ってるらしい☆
はまぼうは天草市の市花でもあります(^^).