masami71の日記

熊本市在住の69歳の年金暮らしです

アライグマ、芦北町で捕獲 熊本県南部で初確認

2020/5/20 16:00 (JST)
©株式会社熊本日日新聞社
芦北町の山間部で特定外来生物のアライグマが捕獲され、町が住民に注意を呼びかけている。
熊本県によると、同町を含めて県南で確認されたのは初めて。
県と町によると、4月12日、町から有害鳥獣捕獲の許可を受けた住民が同町横居木に
仕掛けた有害鳥獣用のわなに、幼獣と見られる1匹が掛かっていた。
体長約60センチで、雌雄は不明。
住民はアライグマだとすぐに気付かず、5月7日になって県に知らせた。
既に殺処分されて個体は残っていないが、住民が撮影した写真に特徴的なしっぽの
しま模様が写っていたことなどで県はアライグマと断定した。
アライグマは今年4月以降、熊本市内で4匹が相次ぎ捕獲されている。
過去には玉名市や御船町でも見つかっている。
県芦北地域振興局農林部林務課は「確認は現時点で1匹のみで親がいるかや、
県南で生息域が広がっているかは分からない」としている。
芦北町では今のところ農作物などの被害報告はないが、生態系への影響やごみ捨て場を
荒らすことも懸念され、町は「目撃しても近づかず、情報提供してほしい」と呼び掛けている。(山本文子)