masami71の日記

熊本市在住の69歳の年金暮らしです

歩行者空間化に賛同7割 熊本市・辛島公園北側市道

歩行者空間化に賛同7割 熊本市辛島公園北側市道 利用者ら調査 

熊本市は、歩行者空間化を検討する中央区辛島公園北側市道(約80メートル)に関するアンケート結果をまとめた。

f:id:masami71:20210623140943j:plain

将来の利用方法について約7割は歩行者空間化に賛同し、現状維持を求めたのは約1割だった。
アンケートは2月28日~3月2日、市道を車両通行止めにする社会実験に合わせて実施。
歩行者をはじめ、辛島公園地下駐車場や桜町バスターミナルの利用者ら334人から聞き取った。
将来の利用方法に関する質問では、「休日のみ歩行者専用空間」が34・4%で最も多く、「歩行者専用空間」(32・9%)、「車道を4車線から2車線とし、歩道を広げる」(12・3%)が続いた。
「現在のままでよい」(10・2%)と回答した人は「車で通行できないのは不便」「駐車場が利用しにくい」などを理由に挙げた。
「歩きたくなるための工夫」については、「ベンチや休憩所の設置」が53・9%で最多。
次いで「イベントなどの実施」(38・3%)、「カフェなどの設置」(29・6%)が挙がった。
「季節の花を装飾する」「芝生にする」など、緑化を求める意見もあった。
社会実験では周辺10カ所の交差点で交通量調査を実施。
新型コロナウイルス感染拡大前の2020年1月の調査と比べると5%の減少にとどまり、「通行止めによる交通への影響はなかった」と市市街地整備課。
今後はイベント開催時に同様の社会実験やアンケートを実施し、歩行者空間化に向けた検討を続ける。(久保田尚之)