masami71の日記

熊本市在住の70歳の年金暮らしです

全ての橋桁 1本に連結 天草市の第2天草瀬戸大橋

熊本日日新聞 | 2022年05月21日 13:05

第2天草瀬戸大橋の橋桁連結を祝い、くす玉を割る関係者=天草市
熊本県天草上島と下島を結ぶ「第2天草瀬戸大橋」(仮称、天草市港町-同市志柿町)の建設現場で21日、全ての橋桁を1本につなげる桁連結式があった。

同橋は県が渋滞緩和などのため建設を進める熊本天草幹線道路(約70キロ)の本渡道路(1・3キロ)の一部で、全長1148メートル。総事業費203億円。2022年度中の開通を目指している。
連結式は施工する日立造船と三つの共同企業体(JV)の主催で、金子恭之総務相、天草地域3市町の首長や議員、地元区長ら約40人が出席。
発注者の県の田嶋徹副知事が「産業振興や災害時の代替路確保など重要な役目を果たす。橋桁連結に続き、舗装工事などを着実に進め、本年度中の開通に向けしっかり取り組んでいく」とあいさつした。
施工者の日立造船と県の代表が、海面から17メートルの高所にある橋桁に上がって最後のボルトをスパナで締め、すべての橋桁の連結を完了した。
今後、道路舗装、防護柵や照明の設置などの工事を進めていく。
県によると、上島と下島を結ぶ現在唯一の「天草瀬戸大橋」は1日約3万台の車両が通行。
新しい橋の開通によっておおむね半分に分散され、渋滞は解消されるとみている。(平井智子)