masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

島崎の釣耕園(ちょうこうえん)の紅葉

私は30歳のころ、島崎の千原台高校(旧熊本市立商業高校)の近くに住んでいました。
その近くに釣耕園、島田美術館、三賢堂や叢桂園など落ち着いた静かな場所があります。
当時はとても忙しくて、紅葉をめでる余裕がありませんでした。



釣耕園には細川家五代藩主綱利(つなとし)が作った「お茶屋」と呼ばれる別荘の一つで、続弾右衛門に与えられました。
細川藩の中老で漢詩人の米田波門が、その景観を「釣月耕雲」と詩に詠じたことから、「釣耕園」と名づけられました。
庭園は飛石を配した広い池に山渓を取り入れたもので、4月下旬から5月上旬ごろには、しゃくなげが花をつけます。


現在個人の所有であるが、見学することができる。
庭園は飛石を配した池に山渓を取り入れて中心に配している。
庭園南側の崖にはシャクナゲの群落がある。
■住所:熊本市西区島崎5丁目
■電話番号:(096)328-2740
<公共交通機関利用の場合>
熊本交通センターから岳林寺経由荒尾橋行き乗車、三賢堂前下車