masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

新しゃちほこ 30日から展示へ(熊本県)

熊本地震で被災したしゃちほこにかわる新たなしゃちほこを熊本市は今月30日から展示すると発表した。
熊本城天守閣のしゃちほこは、熊本地震で落下したり傾いたりするなどの被害を受けた。
その後、熊本市の依頼を受けた宇城市の鬼瓦職人が新たなしゃちほこの製作を進め、このほど完成した。
これを受けて熊本市は、天守閣に設置するまでの間しゃちほこを展示することにしたもの。
熊本市の大西一史市長は「しゃちほこが出来あがってずっと眺めておくわけにはいかない。
出来るだけ早く天守閣に設置するというのが、復興が進み次の段階に進む希望が見えることになるんじゃないかと思う」と話していました。
しゃちほこは今月30日から桜の馬場城彩苑の「湧々座」で展示される。
展示の期間は復旧工事の進捗に合わせて大天守用の1対が来年2月末まで、小天守用の1対が2019年8月末までの予定。
[ 8/24 19:35 熊本県民テレビ]


日本財団熊本地震で被災した熊本城の再建支援としてしゃちほこを製作、このたび完成しましたのでお披露目会を行います。
しゃちほこの復元・製作は、日本財団が行う熊本城再建支援の最初の事業であり、大天守のしゃちほこ2本、小天守のしゃちほこ2本を製作しました。8月30日(水)より城彩苑にて展示いたします。

■展示期関
展示物     :大天守しゃちほこ
展示開始日   :2017年8月30日(水)
展示終了日(予定):2018年2月28日(水)

展示物     :小天守しゃちほこ
展示開始日   :2017年8月30日(水)
展示終了日(予定):2019年8月31日(土)


■熊本城天守閣しゃちほこ お披露目会
日時:8月30日(水)9:30〜10:00
場所:桜の馬場 城彩苑 湧々座(熊本県熊本市中央区二の丸1-1-1)
内容:(1)挨拶 大西 一史(熊本市市長)
   (2)挨拶 笹川 陽平(日本財団会長)
   (3)しゃちほこお披露目
   (4)挨拶 藤本 康祐(藤本鬼瓦代表、しゃちほこ製作者)
   (5)記念撮影
※お披露目会が終了次第、一般の方に公開いたします。

日本財団 熊本城再建支援
支援内容:(1)しゃちほこの復元・製作
     (2)天守閣内展示施設等の整備
     (3)旧細川刑部邸修復(予定)
     (4)西大手門等復元建造物修復(予定)
支援額 :30億2,505万円