masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本・八代市で10月29日から五家荘紅葉祭

九州最後の秘境と言われている「五家荘」は、九州中央山地の深い深い山の中にあります。
平家の落人伝説が伝わる、歴史ロマンあふれる隠れ里です。
そんな「五家荘」の山々が色づく秋、毎年紅葉祭が開催されています。
2017年は10月29日から11月30日です。
深い渓谷にかかった吊橋を渡っていると、まるで空中を散歩しているみたいですよ。
紅葉の季節、吊橋から赤、黄、オレンジに染まった山々を眺めてみませんか?

「五家荘」は「ごかのしょう」と読みます。
熊本県八代市東部にある5つの集落、樅木(もみき)、久連子(くれこ)、椎原(しいばる)、仁田尾(にたお)、葉木(はぎ)の総称です。
それにしても、どの地名も読み方が難しいですね。
五家荘には、壇ノ浦の合戦で敗れた平清盛の孫の清経が落ち延びてきたという「平家落人伝説」のほかに、太宰府に流された菅原道真の子孫が隠れ住んだという「菅原家落人伝説」も伝えられています。
つまり、五家荘は落人達が隠れて住みたくなるような場所だったんですね。
標高1300〜1700メートルの山々に囲まれたこの地域にたどり着くのは、交通の発達した現在でも、やっぱりかなり大変です。


熊本空港やJR熊本駅から車で2時間近くかかります。
車1台がやっとの細いくねくねした山道をかなり走ることになります。
酷道マニアの方にはワクワクのドライブコースでしょうが、山道ドライブが苦手という方にはバスをお勧めします。
紅葉祭の期間は、「五家荘観光周遊バス」が運行されるんです。
ハードな山道ドライブに悩まされることなく、紅葉の名所をもれなく回ることができますよ。
(11月5日・12日・19日は一方通行の交通規制が実施されますので、車の方はご注意ください)
では、五家荘で絶対にハズせない、紅葉の名所トップ3をご紹介いたしましょう。

高さ55メートルから眺める紅葉「梅の木轟公園の吊橋」
http://goka.sakura.ne.jp/gokashin/index.html

珍しい親子吊橋「樅木の吊橋」
http://goka.sakura.ne.jp/gokashin/index.html


歴史ロマンにひたれる「平家の里」

2017年「五家荘紅葉祭」の基本情報

開催期間:10月29日〜11月30日
交通規制:11月5日12日19日

イベント:
11月3日五家荘平家の里 琵琶と夜神楽
11月4日緒方家イベント
11月5日左座家茶会
問い合わせ先:0965-67-2111(泉町紅葉祭実行委員会事務局)

【五家荘観光周遊バス】
運行期間:11月3〜5日 11月11〜30日
参加費:平日4,980円土・日・祝日5,980円
予約に関する連絡先:0965-31-8200(一般社団法人DMOやつしろ)