masami71の日記

熊本市在住の69歳の年金暮らしです

てんすい桜」一足早く 玉名市・草枕温泉で満開

2018/2/9 14:00 c株式会社熊本日日新聞社
満開になり、入浴客を楽しませている「てんすい桜」=玉名市


熊本県玉名市天水町草枕温泉てんすいの玄関に、春を前に一足早く満開を迎えた「てんすい桜」の大枝が飾られ、薄いピンクの花が入浴客を楽しませている。
シナオウトウとヒガンザクラを交配したケイオウザクラという品種で、枝が細いのが特徴。
自然開花は3月上旬だが、同温泉が天水町の特産にしようと温室で栽培して開花を早めている。
今季は昨年12月の気温が低かったため花芽のつきが良く、開花が例年より1週間ほど早いという。
桜の切り枝は600〜1100円で販売。
購入した同市の主婦作本靖子さん(73)は「まだまだ外は寒いけど、美しい桜を見ていると心が温かくなります」と話していた。
枝は入れ替えながら、2月いっぱい展示・販売する。
草枕温泉てんすいTEL0968(82)4500。(木村馨一)

(2018年2月9日付 熊本日日新聞朝刊掲載)