masami71の日記

熊本市在住の69歳の年金暮らしです

豊肥本線4年ぶり全線で運転再開

 

08月08日 11時49分
熊本地震の影響で、一部の区間で不通となっていたJR豊肥本線が8日、4年4か月ぶりに全線で運転を再開し、熊本の都市圏と阿蘇地域の間が列車で結ばれました。

f:id:masami71:20200810161532j:plain

熊本と大分を結ぶJR豊肥本線は、熊本地震による土砂崩れなどの影響で熊本県肥後大津駅阿蘇駅の27.3キロの区間が不通となっていましたが、復旧工事が終わり、8日全線での運転を再開しました。
JR熊本駅では関係者が出席して式典が行われ、くす玉を割って運転再開を祝ったあと、午前9時すぎに観光特急列車「あそぼーい!」が出発しました。
そして阿蘇駅では、この列車を出迎えるセレモニーが行われ、午前10時半ごろに「あそぼーい!」が到着すると、地元の人たちなどがうちわや旗を振って歓迎していました。

f:id:masami71:20200808215949j:plain

阿蘇市の80代の女性は、「中学生の頃からずっと列車を利用してきました。
列車が止まってからは熊本市にはバスで行かなければならず大変でしたが、再び気軽に行けるようになったので、本当にうれしいです」と話していました。
阿蘇駅で9年間、駅長を務める片山英憲駅長は「地震からの4年4か月は大変長かったです。
きょう集まった地元の人たちの賑わいを見て、大変うれしく感じました。
列車が通ることで地域に再び活気が戻ればと思います」と話していました。
JR豊肥本線の全線での運転再開は4年4か月ぶりで、熊本の都市圏と阿蘇地域の間が列車で結ばれたことから、阿蘇地域から熊本都市圏への通勤や通学がしやすくなるほか、観光やビジネスの利用が増えることが期待されています。

f:id:masami71:20200808215900j:plain