masami71の日記

熊本市在住の70歳の年金暮らしです

ハモの水揚げ  熊本県天草市倉岳町

熊本県天草市倉岳町(くらたけまち)ではこれから旬を迎える魚、ハモの水揚げが行われています。

ハモの水揚げ
午前8時、天草市倉岳町の宮田(みやだ)漁港では、不知火海(しらぬいかい)で漁を終えた漁船のいけすからハモが次々と水揚げされました。
鋭い歯をもつハモ。漁協の職員たちは噛まれないよう専用の道具を使って大きさごとに選別します。
見た目は少し怖いが味は最高!

ハモ漁は長さ1キロメートルのはえ縄に100本ほどの釣り針をつけ、エサには切り身にしたコノシロが使われます。
釣り針 100本!
ウナギの仲間でもあるハモは、梅雨の時季から夏にかけて脂が乗って甘味が増すということで、料亭などでは夏の味として提供されます。
5月下旬から始まったハモ漁もこれから最盛期を迎え、倉岳町漁協は「倉岳えびすハモ」というブランド名で主に関東や関西におよそ3トンの出荷を見込んでいるということです。