masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

特産の「不知火」品評会

12月18日 13時02分 NHK
県特産のかんきつ類、「不知火」の品評会が18日、八代市で行われました。
不知火は、清見とポンカンを交配した作られたかんきつ類で、糖度が13度を超えるなど一定の条件を満たしたものが、「デコポン」として販売されます。

f:id:masami71:20191219120952j:plain

八代市で行われた品評会では、八代市と氷川町の10軒の農家が持ち込んだハウスものの「不知火」が審査され、審査員は、糖度や酸度を測ったり、形や色をチェックして採点していました。
審査の結果、3年連続で、八代市の山本正さんが金賞を受賞しました。
「JAやつしろ」によりますと、不知火の出荷は来年5月中旬まで行われ、例年並みの300トンの出荷を見込んでいるということです。
JAやつしろ 氷川柑橘部の開田敦部会長は「ことしも、とてもおいしい不知火ができているので、みなさんにぜひ、食べて頂きたいです。」と話していました。