masami71の日記

熊本市在住の71歳の年金暮らしです

色鮮やか…ヒオウギガイ出荷本格化

色鮮やか…ヒオウギガイ出荷本格化 熊本県苓北町 濃い味、贈答用に人気
熊本日日新聞 | 2022年11月30日 11:37

赤や紫など多彩な色のヒオウギガイ=苓北町
色鮮やかな貝殻が美しいヒオウギガイの出荷が熊本県苓北町で本格化している。
年末年始の贈答用として人気で、主に九州を中心に発送される。
同町の福島水産では、富岡湾近くで養殖し、直径約8・5~9センチになるまで、約1年半かけて育てる。
今年は、梅雨時期の少雨で餌となるプランクトンが十分に行き渡るか心配されたが、その後は天候に恵まれ、来年4月までに例年並の15トンの出荷を見込む。
30日は早朝から、従業員が水揚げし、赤や紫、黄色など5色の貝を発泡スチロールの箱に詰め、発送に向けて無菌海水と酸素を入れた。
同社の福島俊博さん(53)は「味が濃くて甘みが強いのが特徴。
素焼きで調理し、ヒオウギガイ本来の味を楽しんでほしい」とPRする。
県内は送料込みで15個3600円から。☎0969(35)2377。(清水咲彩)