masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本城の塀倒れる 31日の地震で

2016年09月01日21時19分 (更新 09月01日 21時54分)
長さ約20メートルが倒れた熊本城奉行丸の石垣の塀(上部)=9月1日、熊本市中央区熊本市提供)

熊本地震の本震(4月16日)で傾いていた熊本城(熊本市中央区)の奉行丸石垣の塀が長さ約20メートルにわたって倒れたことが1日、分かった。
市は、中央区で震度4を記録した8月31日夜の地震で破損が進んだとみている。
市によると、塀は2004年に復元された。石垣上部に設けられ、高さは約2・3メートル。
下半分が木の板、上半分が土壁としっくいで造られ、瓦で装飾されている。
奉行丸付近は、熊本地震で立ち入り禁止になっている。
市は、今後策定する熊本城復旧計画の中で塀の修復を検討する。
◇  ◇
熊本市によると、最大で震度5弱を観測した31日夜の地震で、新たに南区の60代男性が軽傷を負った。
この地震によるけが人は2人となった。
=2016/09/01 西日本新聞
..