masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

インフル患者数 警報レベル (熊本県)

熊本県内のインフルエンザの患者数が警報レベルを超えた。
県によると1月14日までの1週間で、定点観測している県内80の医療機関から報告があったインフルエンザの患者数が、1か所あたり平均34.69人となり、警報の基準である30人を超えた。
この1週間で報告された患者数は2775人で、前週の1970人の約1.4倍となっている。
保健所別では、人吉85・8、山鹿46、有明41・63 熊本30・24などとなっていて、ここ数年と比べ、2週から4週ほど早く警報レベルを超えた。
県はこれから1、2週間がインフルエンザ流行のピークとみていて、医療機関や高齢者施設、学校などの集団生活の場では、手洗いやマスクの着用など、徹底した感染予防に努めるよう呼びかけている
[ 1/18 11:55 熊本県民テレビ